最近見た映画「オペラ座の怪人」

劇団四季の舞台を何度も見ている私にとって、
映画と舞台の差がどうなのかが気になっていました。

正直、舞台より「音」は厚みがあって、
あれだけのオーケストラがいるのだから当然と言えば当然かもしれません。

「映像」は、まぁ、こんなものなのか…と思う。
舞台と違って、限られた空間の中で全てを映すわけではないから
このあたりの映像でも良いかな?と思いましたね。
欲を言えば、シャンデリアが落ちるあの有名なシーン
もう少し迫力が欲しかったかと…。

怪人役の名前は忘れてしまったけれど、
もう少し声が低い方が迫力があったのに…。
と、まあ最後に泣きながら見ていましたが、多少不満も残った映画でした。


楽しみにしていた分、少し残念です。
一緒に見に行った人には、「こんなもの?」と言われてちょっと寂しい思いをしました。
[PR]

by ddack1 | 2005-02-17 14:09 | 最近は…