魔剣天翔/森 博嗣

今回の本は、「Vシリーズ」と呼ばれているシリーズの5冊目のものです。

数億円と言われる秘宝の魔剣と、その魔剣を持っていたヒトたちの話。

私は、読んでいて何故殺人が起きたのかわからなかった。
推理小説だから殺人事件は起きるけれど…
そういう理由でヒトを殺すというのが理解出来なかったのだと思う。

今回の話は本当に難しかった。
何故って?
だって、飛行機のアクロバティックチームの話なんだもの。
飛行機のエンジンがどこにあるかもわからなければ、
キャノピィって何? の世界。
分からないことだらけで、読むのに時間がかかったことはまず、間違いない。

興味のある方、一度手にしてみてはいかがですか?
[PR]

by ddack1 | 2005-03-30 14:40 | books