恋愛三賢人-林真理子編-/林 真理子

以前、秋元康編を読んで面白かったので手に入れた本です。

今回は女性の返答ということもあり、ズバッと切ってある感じがします。
または、そんな言葉をきついとも言うかもしれません。
秋元康さんの場合は、女性の立場も考えも理解したうえで
色々とアドバイスをしてくれていたように思います。
ですが、林真理子さんは女性。
同じ女性として、もちろん、経験があってのアドバイスだとは思うけれど
本当に歯切れの良い返答だったと思います。

そうそう。
質問が凄いのでビックリしました。
例えば…
シアワセな結婚をした今も元彼が忘れられません とか
彼の両親が私との結婚に大反対。なのに彼は何もしてくれません とか
仲が悪いわけではないがパッとしない…。マンネリ夫婦の行方は? とか
主人への不満に目をつぶってでも子供のために添い遂げるべき? とか
刺激と安定、どちらも手に入れるには? とか。
もうそれはそれは色々な質問がいっぱい。
セフレの話もあったりしたし…。

恋愛なんて人それぞれだし、カタチもそれぞれだと思っていたけれど
ちょっとした出来事が「ああ、一緒かも」と思ったり
寂しいとか悲しいとかという感情が一緒だったりして
時にはキツイなぁと思う回答もあったけれど、面白かったです。

あなたは、こんな質問を友達から持ちかけられたらどうやって答えますか?
[PR]

by ddack1 | 2005-03-31 14:31 | books