ワイン一本と、その日の夜は

土曜日、友達が励ましてくれると言うので飲みに出かけました。
私は仕事があったので、仕事の後の待ち合わせ。
予約してくれてあったお店は、私の最近のお気に入りの場所。
どうしてもワインを飲みたくて、一本空けたい気分だったので頼みました。

たわいない話、美味しい料理、料理長からのデザートのサービス。
ピッチが早かった私は、そうとうな勢いで酔っぱらいました。
2時間半で一本空けたのは、初めて。
最初は記憶があったのだけれど、家に着いたのも覚えている。
化粧を落としたのも覚えている。
それなのに、お店から家までの記憶が無くなっている(T_T)
友達に聞いても、聞かない方がいいよと言われてしまう始末。

私、友達に何を言ったのだろう?
楽しめたと言えば、楽しめたけれど…どうしても気になるなぁ。
[PR]

by ddack1 | 2005-06-06 18:14 | 思い