最近見たDVD「恋は邪魔者」

b0000126_1834670.jpg



恋愛って本当に駆け引きだと思った映画です。
私はこういう映画大好き。

ストーリー
 1962年のニューヨーク。
 誰もが成功を夢見るこの街へ、一人の女性がやって来た。
 彼女の名前は、バーバラ・ノヴァク(レニー・ゼルウィガー)。
 「ココロを奪われるような恋なんて、女性の人生には邪魔者!」
 という内容の「恋は邪魔者」なるノンフィクションで文壇にデビューを飾った新進作家。
 彼女と編集者のヴィッキーは、本の宣伝の為、超プレイボーイのジャーナリスト、
 キャッチャー・ブロック(ユアン・マクレガー)にカバー・ストーリーを書いてもらおうと画策する。
 が、当のキャッチャーはスチュワーデスとのデートに忙しく、取材をすっぽかしてばかり。
 そんな時、ジュディ・ガーランドが歌う「恋は邪魔者」の歌がエド・サリバン・ショーで流れたことから、本は世界中でバカ売れ、一躍時の人に。
 そんな彼女から「シャツを取り替えるように頻繁に女を取り替えるサイテー男」と、名指しで批判されたキャッチャー。
 本の影響を受けた女性達からモテなくなっていた上にこの攻撃で激情した彼は、
 バーバラの主張が間違っていることを証明する為に、彼女をメロメロにさせて暴露記事をモノ
にしようと、職業を宇宙飛行士と偽って、恋の罠を仕掛ける。
 彼の思惑通り、バーバラはあっさり恋する女の子に変身。
 だが、その裏には、キャッチャーが予測もしなかったとんでもない真実が隠されていた…。



恋愛ってこうやって罠をしかけるものなのかな?
と素朴に思ってしまった私。
ラブコメらしく、楽しくあっという間に見終わってしまいました。
良かったら、皆さんも見てみて下さい。
[PR]

by ddack1 | 2005-06-06 18:34 | 最近は…