本音が?!

ライフカードのCMを知っていますか?
オダギリ・ジョーが出ているものです。

前回は、サラリーマンのオダギリが「猫山派」と「犬田派」の派閥争いに巻き込まれる
という設定でしたね。
続きがどうしても気になって見てしまいました。

え、そうなるの?
とか
ああ、そうなるのは当然かも。
何て思いながら見ていたら、第2弾のCMが始まったので
またまたのぞいてしまいました。(笑)

専務の娘に気に入られるという設定でした。
こちらも、納得できたり出来なかったりという続きでしたが、
何事も「本音」が一番いいのではないかなぁと思わされたCMでした。
[PR]

by ddack1 | 2005-04-21 18:53 | 思い

もうすぐ…

今度の日曜日
それは、私が産まれて何回目かの
(あえて年齢はお知らせしません。
本当の私が何歳であろうと、皆さんの中では私が既に存在していて
年齢設定もされているでしょうから。(苦笑))
誕生日を迎えます。

誕生日が嬉しい時もありましたし、
今のように、そんなに楽しみとか嬉しいという感情もここ数年はありません。

けれども、私の両親が私を宿してくれて、痛みの耐えてくれて
私が誕生したことは、紛れもない事実。
それに対して「ありがとう」という言葉は忘れないようにしています。

子供の事に関するニュースがいつまでも流れていますが
そうならなかった私が、今、ここにいることに感謝したいと思います。
(^-^)
[PR]

by ddack1 | 2005-04-20 10:06 | 思い

最近見たDVD「パッション」

私は、敬虔なキリスト教徒ではありません。
でも、聖書という存在も知っているし、
もちろん、キリストという人物も知らないわけではありません。
本物のキリストに出会った事はないけれど、凄い人物だと思っています。
そんな私ですから、この映画に対して興味があったというのは言うまでもないでしょう。

巷では、キリスト教徒の人が映画の上映中に倒れたと言う話が流れていた事がありました。
だから、キリスト教徒でない私が映像を見たとき、映画を見終わった時
どんな感想が、どんな思いが出るのかと思っていたわけです。

個人的に流血のシーンは嫌いです。
だから、ボクシングとか格闘ものの映像は避けて生きてきました。
しかし、この映画ではそれは避けられないもの。

涙を流しながら最後まで見ました。
有名な台詞や風景が出てきて、それはそれで楽しかったのです。
知っている言葉や絵が出てくると、嬉しくなるあの感情と一緒です。
でも、この映画は重すぎました。
「信じること」「生きること」「愛すること」
そのどれもが大切な事ですが、簡単に出来ることでもありません。
そして、「死」というものがどういうことなのか…そんな事も考えずにはいられませんでした。
私という人間が小さく見えたのは、言うまでもありません。
今でもあの映像が頭から、目の奥から離れないのです。
本当に考えさせられる映画でした。
[PR]

by ddack1 | 2005-04-20 09:53 | 最近は…

好きだけでは…

好きという感情は、特にイケナイ感情ではないと思う。

でも、時々思う。

好きだけでは乗り越えられない色々な出来事。
好きだからこそ、罪悪感を感じてしまう事。
簡単に乗り切る事も出来ないし、本当に難しい。
[PR]

by ddack1 | 2005-04-19 14:23 | 思い

免許証の更新

今回、5年振りに免許証の更新に行ってきました。
そう、「優良」と輝く免許証は、ゴールドです。
でも当たり前です。
ペーパードライバーなのですから…。(-_-)

講習もビデオを30分見ているだけ。
前回よりも内容の濃いビデオでしたけれどね。

お年寄りと若年者の交通事故が多いとか。
お年寄りは、運動機能低下による避けられない事故だったし
若年者は明らかにスピードの出し過ぎによるものの事故でした。

lovelovecourtneyさんのブログにも書きましたが
車は鉄のかたまりです。
簡単に人一人の命を瞬時にこの世から消すことが出来ます。
それだけに、私自身も気をつけて運転したいと思いました。

そうそう。
酒気帯び運転の減点対象のアルコール度数の数値が
今までよりも少なくても減点対象になるとか…。
飲んだら乗らない。
これ、徹底した方がいいのかもしれませんね。
[PR]

by ddack1 | 2005-04-16 17:13 | 思い

最近みた映画「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月」

念願の映画です。
前作も見ていて、楽しかったので今回も楽しみにしていました。

ブリジットの姿は、まさしく私たちと!!だと思いましたし、
一方通行の恋をしたいたのに、そうでなくなったら
こういう生活になるのだろうなーと思いました。

まだ見てみたい人もいるだろうから、内容は省略しますが
波瀾万丈の12ヶ月で人生の中でも
もっともエキサイトした12ヶ月だったのではないでしょうか?

ちなみに、私だったらキレてると思う。
[PR]

by ddack1 | 2005-04-16 17:05 | 最近は…

彼からの連絡

それは… の答え

こんな↑状態の私でしたが、やっと昨日彼から連絡がありました。

彼は連絡が取れなかった理由を話してくれて、私は心配だった事を伝えました。
お互いに相手に理解されたい、理解したいという気持ちがあったからだと思います。


不思議です。
色々と自分の中で自分なりの答えを出して落ち着いたはずなのに
彼の声を聞いた途端に今までの思いが溢れてきました。


自分がどれだけ彼の事を必要として、大事に思っているのか…と。


彼の一言一言がココロにスッとしみこみました。
まるで、乾いた土地に水が吸い込まれるように…。


嬉しさよりも、幸せだなぁ
そう感じました。


これからも、こういう状態が続くらしいので心配しないように。

逢ってはいないけれど、彼の笑顔が目に浮かびました。


想われる。
これ以上幸せで、強いものはないなと思った一日でした。
[PR]

by ddack1 | 2005-04-14 10:28 | 思い

幸せのカタチ

親の愛

私も昨日見ました。
本当に予想通りでしたね。
分かってはいても、最後は涙で画面が滲みました。

親と子供。
夫と妻。
仕事と家事。

現状よりも、もっと幸せになることって本当は沢山存在しているのではないか
そう思いました。
それに気づくのか、それとも気づかず通り過ぎてしまうのか
人それぞれだから分からないけれど…。

そして、そのカタチって一つではないかもと思い始めました。
[PR]

by ddack1 | 2005-04-13 11:07 | 思い

ヤダー (>_<)

日曜日から目の上が腫れていました。
痛いし、酷い痒みがあったので「アレルギー」だと分かりました。
元々花粉症を患っていたわけだし、当然の答えだと思ったのです。

月曜日に急いで眼科に行きました。
薬を処方され、夜に蕁麻疹が出てきてしまいました。
薬が原因だと思ったので、次の日の火曜日に病院に電話を入れたのです。

「おかしいですねー。
アレルギーを抑える薬だから、蕁麻疹にはならないと思いますよ。
それに、副作用の検査書類でも蕁麻疹は出てきてないですから。
一度、来て下さい。」

返答はそうでした。
だから、すぐに飛んで行ったのです。

実際、蕁麻疹は朝には退いていたので
その時の症状を見せることは出来ませんでした。

病院の先生も「おかしい(-_-)」の一点張り。

そして、今日に至ります。
私のカラダ、おかしくなってしまったのでしょうか?
[PR]

by ddack1 | 2005-04-13 10:34 | 思い

それは… の答え




彼と連絡が何も取れない事に不安を抱いていました。
「そうは言っても、まだ一週間も経ってないじゃない!」
と人は言うでしょう。
その一週間に満たない時間が、実際には何ヶ月ぐらいにも感じてしまうものなのです。

ですが、私も恋愛だけでは生きては行けません。
先週から仕事が手に着かなかった為に、それらが机の上に山積みになっているのです。
まずはこれらを先に片づけよう。
心配するのは、それからでも遅くはない。
そう思って、今は仕事に力が入っています。
家に着けば、寝る前に読書を始めたので読んだ先の事が気になったりしていて
私のココロの中の彼を締めている場所が少しずつ小さくなったような気がします。

だから、気にならないと言えば嘘ですが前のように
「何故、どうして?」と思わなくなりました。

私が自分で導き出した一時的な答えです。

彼からの言葉は何も聞いていないので、本当の答えではないのですが
ひとまず落ち着いた事を皆さんにお知らせしようと思いました。

恋に溺れるのもいいけれど、今の私にはそれは不向きだと実感しました。(*^_^*)
[PR]

by ddack1 | 2005-04-12 15:38 | 思い