真似しちゃった(>_<)

皆さんが色々とスキンを変更しているから、私も真似をしてしまいました。
風と月のどちらにしようかと迷っています。
今は月のスキンだけれど、これが終わったら変わってしまうかもしれません。
季節ごとにスキンを変えるというのも、ひとつの楽しみ方かな?
本当は自分で造れれば良いのに…と思うけれど、
生憎そんな技術も能力も持ち合わせていない私ですから…。
[PR]

by ddack1 | 2005-08-31 14:36 | 思い

いつか記憶からこぼれおちるとしても / 江國香織

b0000126_10541983.jpg



7つの短編で、共通はとある名門女子校のとあるクラスの中というところ。
色々な女の子達が学校に来ているけれど、家庭の事情はまちまちで…。
名門校なだけあって、裕福な子も多いし、もちろん普通の家庭の子もいる。
時代は変わっても、学校でやっている事は今も昔も変わらないな、と思った。

少し学生時代が懐かしく思えた本。
両親や友達の前では絶対に本音を見せないけれど、
自分一人になった時の本音は切なかった。
[PR]

by ddack1 | 2005-08-24 11:00 | books

何か置き忘れたモノ、ありませんか?

最近ぐずついた天気が続いていて、傘を手放せない日々が続いています。
昨日も今日も、通勤中に傘をバスの中へと忘れてしまい、慌てて取りに戻りました。
元の場所にそのままで置いてあったので、ホッとしました。


傘だけに限らず、最近私はどこかに何かを置き忘れてしまう事が多いようです。


モノだけではなく、キモチというものさえも…。
[PR]

by ddack1 | 2005-08-23 17:15 | 思い

だいしゅき☆

昨晩、甥っ子と短い時間でしたが電話で話していたら

「ねぇね だいしゅき」

と急に言われてしまいました。

2歳の男の子にです。
流石にドキッとしましたね。
男の子だからと言うこと、その言葉に驚いたのです。

でも、誰も教えていない言葉。
いったい彼は、何処でその言葉を覚えたのでしょうか?(?_?)



※「ねぇね」とは、私の事です(^^;)
[PR]

by ddack1 | 2005-08-19 15:06 | 思い

どうしようかなぁ

明日は、従姉妹の結婚式です。
天気が少し心配ですが、楽しめたら良いなーと思っています。

そこで問題浮上です。
洋服と髪型。
女性ならば、そのあたりは気になりますよね。
髪型は美容院に行けば何とでもなりますが、洋服だけは困りものです。
もちろん、新婦さんと重ならないように「白」は避けますが
そうすると今度は周りの人たちと色が重なりそうで…。
考えていてもきりがないのですが、どうしようかなぁって思っています。

今更服を新調しようとは思っていないし…。
はぁ。
どうしよう(-_-;)
[PR]

by ddack1 | 2005-08-19 15:00 | 思い

行って来たのは良いけれど…

お盆休みも終わり、高校野球もそろそろ決勝に…夏はどんどん過ぎていきます。
私は、このお盆休みに万博に行って来ました(^^)/

無謀にも前の日、いや、当日の午前3時まで遊んでいて(もう、若くもないのに)
家に帰って来たのが午前4時。
そして、午前5時30分には待ち合わせという、もの凄い計画の中で行って来たのです。
無事に長久手会場に着いたものの、企業パビリオンは全滅だし、人気の場所もアウト。
休む場所も少なく、午後3時には出て来てしまいました。
暑さがたまらないですね。
熱中症で救急車で運ばれて行く男性を一人見ました。
人ごとではないので、次は私?と思いながら歩いていましたけれど…。
最終的な感想は、「これが万博?」と思ってしまいましたね。
あれでは、絶対に苦情が来てもいいと思いますよ。
海外の色々な土地のモノを見たり、聞いたり、食したりしたいと思っていたけれど
諦めて名古屋で食事をしました。

同じお金を出すのなら、テーマパークに行って来た方が
さぞ楽しかっただろうに…と思わずにはいられない一日でした(-_-)
[PR]

by ddack1 | 2005-08-18 13:48 | 最近は…

初めまして

妹の子供が産まれました。
くしくも、友達の訃報と同時だったのですが…。

昨日退院をし、昨日から我が家にやってきています。
それにしても、二児の母は本当に大変ですね。

私も甥っ子がもう一人増えました(^^)
長男は、私が赤ちゃんを覗いていると、「ダメー」と言って覗かせてくれませんでした。
兄ぶりの発揮ですかね~。
当分、我が家は賑やかになりそうです。
そして、今日は早速寝不足になっています。
働くお父さんの気持ちがわかるような気がします(-_-)
[PR]

by ddack1 | 2005-08-08 15:10 | 思い

涙の理由

昨日、高校時代の3年間、部活で共に過ごしてきた友達が亡くなったと
他の友達から連絡がありました。
新聞の死亡欄には載せていなかったせいか、お通夜も葬儀も終わった後でした。
仕事帰りに彼女の自宅に電話を入れて、お線香だけでもあげたい旨を伝えた所
身内の方が電話口に出て、「良かったら…」と言ってくれました。

高校を卒業して沢山の月日が流れましたが、
唐突な出来事だっただけに、もの凄くショックを受けました。
私自身、仕事も手に着かない程でしたから。
今となっては、遅いのかもしれませんが
もっと彼女と沢山話しをして、笑って、泣いて、色々な事をしたかったと思うのです。

友達は、今も私のココロの中にいます。
彼女が、安らかな眠りについてくれればと願っています。
[PR]

by ddack1 | 2005-08-03 18:00 | 思い